腕時計修理・オーバーホールのおすすめ業者比較 | 料金・納期・実績がポイント!

WARAGOYA時計Web

BREITLING ブライトリング

ブライトリング(BREITLING)の修理・オーバーホールおすすめ店舗の料金を比較 | 正規品か否かで価格は変わる!

投稿日:11月 24, 2018 更新日:

ブライトリング(BREITLING)のオーバーホール・修理に関する情報をまとめました。

メーカー修理・一般時計修理店の違いや料金比較・おすすめの修理業者などご紹介していきます。

ブライトリング(BREITLING)のオーバーホール・修理のタイミング

ブライトリングのオーバーホールのタイミングとして、一般的には3~4年程経過した時期に修理・オーバーホールをする方が多いです。

理由としては、3~4年程オーバーホールなどのメンテネンスをしていないと起きる事としては、

  • 部品の消耗が進んでいる
  • 時計の各部品に付着している油の変質が始まる
  • 油の乾きによる部品摩擦が起きやすくなる
  • その他の作動不良が起きやすくなる

こういった不具合の原因になることも増えていくので、定期メンテナンスをしていく時期と言われています。

ブライトリングの時計を長く愛用していくためにも、定期的なメンテナンス・修理を行うことは非常に重要です。

時計が古くなっても、良いコンディションが保てていれば、それだけ長く活躍してくれます。

ブライトリング(BREITLING)の腕時計の修理・オーバーホールのメーカー正規修理と民間修理店の違い

メーカー正規修理の場合

メーカー正規店にオーバーホールを実施した場合、ブライトリング腕時計のことを熟知していることが多く、実施期間も長くなる傾向にあります。

また、ブライトリングは購入経路によって、メーカー正規の修理料金・オーバーホールのメンテナンス料金も大きく変わるので注意が必要です。

  • 国内ブライトリング正規店での購入⇒正規メンテ半額
  • 海外ブライトリング正規店での購入⇒正規メンテ定価
  • 国内ブライトリング並行輸入店での購入⇒正規メンテ定価

特に、海外のブライトリング正規取り扱い店舗での購入でも、正規メンバー価格によるメリットがないので注意が必要です。

料金に関しては正規修理の場合、メンバー料金と標準料金は倍近く変わってきます。

例えば、クロノマット44のオーバーホールの場合は、メンバー料金62,500円(税別)に対し、国内正規購入以外なら125,000円(税別)と倍近くの料金になります。

その他のモデルの場合も、正規修理の場合、メンバー以外は倍近くのメンテナンス料金になってしまいます。

民間修理店の場合

国内正規店以外での購入のブライトリング腕時計は、正規修理はメンバーと倍近い差の料金になってしまうので、民間修理店を利用する方が多いです。

民間修理店は、国内正規も、海外正規も、国内並行購入のブライトリングも同様の価格での修理を行ってくれます。

また、ブライトリングの修理に強く、時計修理技師在中でブライトリングの純正部品を使用して修理・オーバーホールをしてくれる業者を選べば、メーカー修理よりも安価で安心できる修理・オーバーホールをされることも可能です。

当サイトおすすめブライトリング修理店


ブライトリング(BREITLING)のオーバーホール・修理の目安料金を比較

ブライトリング(BREITLING)のオーバーホール・修理の料金表の目安を、メーカー正規経由・民間修理店経由に分けて解説していきます。

ブライトリング(BREITLING)メーカー正規経由の修理料金

前述で解説していきましたが、ブライトリング公式HPでも掲載されている料金表はコチラ。

国内正規店購入がメンバー価格でのオーバーホール料金で、それ以外の購入(海外正規経由・国内並行店経由)は標準価格になります。

MODEL 標準価格 メンバー価格
クロノマット44、ナビタイマー01 125,000円(+税) 62,500円(+税)
アベンジャーII 100,000円(+税) 50,000円(+税)
ギャラクティック32 75,000円(+税) 37,500円(+税)

参考https://www.breitling.co.jp/club_breitling/overhaul_maintenance/

修理料金等の詳細も出ていますが、正規品か並行品かの違いで修理メンテナンス・オーバーホール料金は大きく料金が変わります。

時計修理店のブライトリング(BREITLING)修理料金比較

次に、おすすめ修理店CIENのブライトリング修理メンテナンス料金比較になります。

時計修理店CIENのブライトリング修理・オーバーホール料金(参考)

種類 メーカー
標準修理価格
メーカー納期 シエン標準修理価格 シエン標準修理価格
(新品仕上げ含む)
シエン納期
クオーツ 75,000 約1ヶ月~ 16,000 23,000 約3週間
クオーツ・クロノグラフ 85,000 28,000 35,000 約3週間
自動巻き 80,000 23,000 30,000 約3週間
クロノグラフ
(スーパーオーシャン・クロノグラフ)
100,000 34,000 41,000 約3週間

参考腕時計CIEN

料金比較すればわかりますが、正規店経由以外のブライトリングも同様の料金でサービスを受けてもらえます。

また、ブライトリング専任の技術者が診断し、すべて純正パーツでの修理を行っているCIENの料金表になります。

ブライトリング(BREITLING)のオーバーホール・修理のおすすめ業者はココ!

修理業者は各社、メーカーよりいかに安く、安心感がある修理メンテナンスを行えるかで選び方も変わります。

  • 時計技師の資格を持つ修理職人がいること
  • 純正パーツを使用して修理メンテナンスを行っていること
  • ブライトリングの過去の修理実績がHPでもわかりやすく事例が掲載されている業者

こういった修理業者であれば、メーカー正規修理で価格が高くなってしまう並行品扱いのブライトリングでも、安心して修理に出せると思います。

修理業者によって大きく差が出てくる部分が納期と料金・クオリティだと思います。

メーカー正規修理以外の場合は、こういった点に着目して修理業者選びをすることがコツとなります。

当サイトおすすめのブライトリング民間修理店


-BREITLING ブライトリング

Copyright© WARAGOYA時計Web , 2019 All Rights Reserved.